スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


綿密な作戦の上でのストーカー行為は変態になる為の第三ステップを着々歩む彼を誰か俺の代りに止めてやってくれ・・・
ルルーシュ4

(こうなったら街で偶然を装って会うか・・・
向こうは一応あれでデートをしているから俺も同じくデートをすれば
ダブルデートとして一緒に行動できるかもしれん・・・
ならば善は急げだ!!)





(トゥルルルル、トゥルルルル。)

かれん

「ルルーシュ?何の用?」

ルルーシュ2

「俺とデートしてくれ!」

カレン

「はぁ?何であたしが貴方なんかと!」

ルルーシュ2

「頼む、今の俺(に付き合える暇な奴)はおまえしか居ないんだ!!」

カレン 6

「・・・か、からかうのもいい加減にしてよね!」

(ガチャッ、ツーツーツー・・・)

ルルーシュ5

(駄目か・・・こうなったら黒の騎士団にあいつらを襲わせるか?
いやそれは駄目だ・・・黒の騎士団にそんな事をさせたら世間の信用が
がた落ちになる。それに他の男と一緒とはいえ、ナナリーを危険な目に
あわせたり、デートを台無しにしたくないからな・・・
あっちの女(C.C.)も後々コワイし・・・
いや、俺はあの女に屈してるのではない!
只遣り合ったら手強いからなるべく相手にしたくないからな・・・)


――――――
ルルーシュ ゼロ ruru

「・・・完璧だ・・・これならば俺には何もかも見える・・・」

狂死朗 toudou

「ゼロ、少しいいか?」

ルルーシュ ゼロ ruru

「何だ?私は今とても忙しいんだ。」

狂死朗 toudou

「扇が今運営資金が激減して黒の騎士団の存亡の危機と言っていたが・・・
本当に衛生なんて必要なのか?」


ルルーシュ ゼロ ruru

「心配するな、こいつを使うのは今日一日だけだ。」

狂死朗 toudou

(それって無駄遣いでは・・・)

ルルーシュ ゼロ ruru

「フフフ、まさか宇宙に漂っている衛生が自分らを監視されてるとは思うまい。
・・・ん?何だこれは?・・・・・・
・・・・・・!!・・・まさか、あいつっっっ!!」


狂死朗 toudou

「どうしたんだゼロ?
・・・!・・・これはウィルス!?」



「ビービー!!シスコン反対!!シスコン反対!!」

ルルーシュ ゼロ ruru

「ここまで俺をコケにしおって・・・
この俺を本気にさせたらどうなるかあの女の体に
しっかりと教えてやらねばな!!!!」


カレン5

(あの女ってC.C.のこと?いつもゼロはあいつのことばっかり・・・!!
羨ましい・・・)


狂死朗 toudou

「高い金払って買った衛生が僅か三十分で使い物にならなくなってしまった・・・」
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumaru009.blog119.fc2.com/tb.php/52-59776c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。