スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


過剰なストーカー行為は変態になる為の第二ステップという悲しいレールを彼は歩みゆく
ルルーシュ4

「ニット帽、サングラス、そして新聞紙!
フフッ変装は完璧だ・・・
あの天然3人組にばれる確率は0%だ!!
さすがは俺・・・これなら尾行しても気づかれる事など無い!」


nanaly

「お兄様が近くにいます。」

スザク制服

「ナナリーは耳がいいからね。」

ルルーシュ5

(な?)

nanaly

「はい、絶対あっちの辺りにいます。」

スザク制服

「言われてみればあっちの方からルルーシュの匂いが・・・」

ルルーシュ2

(俺の体はそんなにきつい匂いではないわ!!)

c.c.2

(まさかその程度の変装でばれないつもりだったのか?)

ルルーシュ2

(ぐっ!これはマズイ・・・イレギュラーが発生した!
戦略的撤退をしなければ・・・)


――――――
ルルーシュ

「ククククク。まさかこれほど離れた距離から望遠鏡で観察してるとは思うまい。」

c.c.1

「おい、変態に“まさかこれほど離れた距離から望遠鏡で観察してるとは思うまい。”
って見られてるからとりあえず建物の中に入ろう。」


nanaly

「最近の世の中は物騒になってきましたね。」

スザク制服

「もしその人がナナリーに指一本でも触れようとしたら
僕がそいつをお星様の仲間にしてあげるよ。」


c.c.2

「そいつは見てみたいな。」

ルルーシュ

(・・・!!・・・あの女に俺の思考が読まれている!?)
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumaru009.blog119.fc2.com/tb.php/51-2e594d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。