スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪を使って何か大きなのを作るのは雪が冷たくてきつそう・・・
スノーランブル第二話「雪だるまでランブル」

リヴァル

「ったく、こんな雪だるまコンテストかったりぃんだよな~。」

ミレイ 猫

「あら、だったら参加しなければいいのに。」

リヴァル

「そりゃ、参加したくなりますよ!
なんてたって賞品は会長から何かプレゼントするんでしょ!?」


ミレイ 猫

「賞品はルルーシュの手料理だけどね~。
あとろくに丸も作れない人は優勝難しいんじゃないかな~?・・・他の作品と比べて。」


ルルーシュ5

「よし、サイズは完璧。どこからどう見ても完璧な球体だ。」

リヴァル

「ほぇ~、ルルーシュの雪だるま結構奇麗じゃん。」

ルルーシュ3

「まぁな。サイズ、角度、質量、全てを計算した上で完璧なフォームに仕上げたからな。」

リヴァル

「うぉっ!?カレン、すげぇな~!!
等身大ゼロじゃねえか!神業だぜ!!」


カレン 6

「少し心の目を使っただけよ・・・」

ルルーシュ5

「うっ!?」
(リアル過ぎる・・・)

かれん

「何ルルーシュ、その『うっ!?』って?」

ルルーシュ4

「いや、深い意味は・・・」

リヴァル

「元気だせってシャーリー・・・あの二人が上手すぎるだけで、
俺よりは上手いから・・・そのネズミ・・・?」


シャーリー

「熊よ・・・」

リヴァル

「って何だありゃ!?」

スザク5

「うおおおおおおおぉぉぉぉ!!」

カレン

「校内の雪を全部集めた・・・?」

スザク4

「はあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

カレン

「あ、あれは!?」

シャーリー

「大きい・・・」

ルルーシュ5

「何て馬鹿でかい雪だるまだ・・・」


スザク3

「ルルーシュの手料理は僕のものだーーー!!!!!!」
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumaru009.blog119.fc2.com/tb.php/44-3430db5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。