スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


些細な事が惨劇を起こす
圭一

「ハハハ、それでさー・・・。」

悟史

「圭一って面白いねー。」

詩音

(悟史君ってば、せっかく帰ってきたのに全然かまってくれない・・・)

悟史

「そういえば今度の週末ヒマ?
一緒にどこかいかない?」


圭一

「お、いいぜ!
どこに行く?」


詩音

「きゃあ~!!
男同士でデートなんて不潔ですよ!!」


圭一

「なんでそうなる!!」

悟史

「そうだよ、詩音。
僕と圭一の関係を誤解しないでくれ。」


圭一

「そうそう。」

悟史

「僕達は友達以上、親友以上の関係なだけだ。」

詩音

「きゃあ~。
○モよ~!!」


圭一

「だから何でそういう方に
会話を持っていく!!」


詩音

「圭ちゃんのせいですね!
待っててね、悟史きゅん。
今、この魔女を成敗するから。」


圭一

「やめろ、詩音。
それに俺は男だからせめて魔法使いと呼んでくれ!!」


悟史

「詩音、圭一を痛めつけるのは僕が許さない!!
彼は僕にとって大切なヒトなんだ!」


圭一

「悟史!お前も誤解を招くような
言い方はやめてくれ~!!」

スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumaru009.blog119.fc2.com/tb.php/3-8022c4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。