スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他人と自分の見解が違うのは当然だが、違いすぎると逆に笑える。
(そういや子供の頃こんな外国の番組を見て大笑いした記憶がある)

---


ロイド

「おーまーたーせー。」

セシル2

「セシルさんの三分料理教室です。
この番組では私、セシルが様々な料理を紹介していきます。」


ロイド

「僕はほぼ見物人のロイドだよ。
所で今日は何を作ってくれるのかなー?」


セシル

「作っても貴方に食わす気はありませんけどね。」

ロイド

「えっ?」

セシル2

「今日作るのはイレブンの大好きな味噌汁でーす。
これはいわゆる野菜スープですね。」


ロイド2

「ほう、それは楽しみですね。
どうせならスザク君にも食べさせないとねー。
彼、そういう料理好きそうですし。」


セシル2

「まず、野菜を切りまーす。
最初に切るのはじゃがいもとキャベツとトマトでーす。」


ロイド

「へー。」

セシル

「へー、じゃなくてさっさと野菜取ってくれませんか?
さっきから待ってるんですけど?」


ロイド

「え?僕?僕はただの見物人の筈じゃあ・・・」

セシル

「そんなの関係ありません。
私は野菜取ってくれませんか?って言ったんですよ。」


ロイド2

「ハイ、取ってきました。」

セシル

「ありがとうございます。イレブンは野菜を切るのが面倒くさいので
直接ミキサーに入れます。皮も面倒くさがって剥きません。」


ロイド2

「僕の方が偉いのに・・・」

セシル2

「ミキサーで混ざるのを待ってる間に、
もやしを用意します。イレブンは毎回もやしを使う前に
10分間、お茶に浸します。」


ロイド

「イレブンはお茶が好きだからねー。
でもこれ三分クッキングじゃあ・・・」


セシル3
うるっさい、分かってますよそれぐらい。
というわけで今回はすでに十分間あらかじめ浸したもやしを使います。
そしてあらかじめ水に満たされたお鍋にもやしを入れます。
まだ、火はつけません。
そしてさっきミキサーで混ぜた野菜を入れたら火を弱火にします。」


ロイド

「おー。やっと本格的になってきたねー。」

セシル

「やっと、って何?」

ロイド

「い、いや別に・・・」

セシル2

「火を点けたら理由は分かりませんが氷を大量に入れます
イレブンは皆そうするのです。
そして味噌汁というからには
外人は皆、普通に味噌をいれると思ってますが
イレブンは味噌汁に味噌は入れません。」


ロイド

「へー。じゃあ何で味噌汁って呼ばれるんだろうね。」

セシル2

「所詮はイレブンの料理ですから。
とりあえずこれで完成でーす。」


スザク6
(到底味噌汁と呼べない汁がある・・・)
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumaru009.blog119.fc2.com/tb.php/26-481aec2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。