スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


影武者決定戦
ロロ
「兄さん、影武者ならこんな奴じゃなくて僕がするよ!」

咲世子2
「こんな奴?」

ルルーシュ4
「いや、でも咲世子は俺のこと良く知ってるし・・・」

ロロ
「僕だって兄さんの事なら
“皇帝秘蔵!ルッルーシュの全てぇ!!”を見たから知ってるよ!」


咲世子2
「なら勝負しましょうか?
ボロ雑巾にして差し上げましょう!」


ロロ
「僕を雑巾のように扱っていいのは兄さんだけだ!」

ルルーシュ3
「いや、ロロは今まで通り弟役のままで・・・」

ヴィレッタ3
「合意と見てよろしいですね?
ルルトルーファイト!!」


ルルーシュ2
「なっ!?ヴィレッタまで!!?」

ヴィレッタ
「まずはルルーシュのことをどれだけ知ってるか
テストをする。」


ロロ
「兄さんを演じる上で兄さんの知識は必要以上にないとね。」

ルルーシュ
「そもそも必要な程度の知識ってどれくらいだ?」

ヴィレッタ2
「第一問、ルルーシュが顔にご飯粒が一日中
ついていたのに気づいたときの反応は?」


咲世子2
(ピンポーン!)
「ついてるんじゃない、つけているんだ!」

ヴィレッタ3
「正解!」

ロロ
「・・・やるね。」

ルルーシュ5
「何て、不必要な知識だ・・・
いや、確かにそんな事はあったような気もするが・・・」


・・・そして

ロロ
「バカな・・・僕が一問も答えられなかったなんて・・・」

咲世子2
「ルルーシュ様の知識だけでなく
早押しのスピードも鍛えることですね。」


ロロ
「くっ、でも影武者にはそれ相応の体術や戦闘技術が必要なんだ!」

ルルーシュ4
(そうなのか?)
「いや、別に俺の振りをするだけで・・・」


咲世子2
「じゃあ、頭に風船をつけて相手の風船を割るという
実戦的な勝負をしましょうか?」


ロロ
「望むところ!」

ヴィレッタ2
「では、両者風船をつけて!」

ルルーシュ5
(何で風船が用意されていたんだ?)

ロロ
「いくよ!」

咲世子2
「ハッ!」

ガガガガガガガガガッッッ!!!

ルルーシュ5
「・・・どこのバトルものだ、コレは。」

ロロ
「やるね、でも僕のギアスを使えば!」
(キーン!!)

咲世子2
「甘いっ!」(ヒュッ!)

ルルーシュ2
「なっ!たった一瞬で55メートルも下がれるなんて!」

ロロ
「くっ、それで僕のギアスの範囲外に出たつもり?
僕が本気を出せばこの学園全域が範囲内だ!!」


咲世子2
「遅いっ!!」
(ビュッ!!)←小石を投げる音(約時速175キロ)

ロロ
(パァーン!)
「・・・そんな、僕の反応が遅れるなんて。」

ルルーシュ 9
(咲世子ってこんなに超人なんて・・・
コレじゃあスザクの女版。)




スザク8
「!」

ジノ
「どうした、スザク?」

スザク8
「今、ルルーシュが僕の名前を呼んだ気が・・・」

アーニャ
「・・・超人。」


ロロ
「ま、まだだ。」

咲世子2
「雑魚相手ならいくらでも相手になってあげますよ。
でもしつこすぎると嫌われますよ?」


ロロ
「くっ、じゃあコレで最後だ・・・
どっちが上手に兄さんに化けれるか勝負!」


咲世子2
「いいでしょう!」

ルルーシュ10
「おいおい、そんなの勝敗が分かりづらいだろ?」

咲世子2
「ならばどちらがルルーシュ様として女性を多く口説けるかで勝負。
これならばいつもルルーシュ様がやっている事なので
これが出来なければルルーシュ様に化けることなど出来ない!」


ルルーシュ4
「へ?」

ヴィレッタ
「確かにルルーシュはああ見えて結構むっつり助平で
女心をたぶらかしているからな。」


ルルーシュ3
「いや、してないぞ俺は。」

ロロ
「兄さんは女に興味なんかない!」

ルルーシュ
「いや、それも間違ってるぞ。特に言い方が。」

咲世子2
「じゃあ負けを認めて床に落ちた牛乳を拭く専用の雑巾になりますか?」

ロロ
「くっ、どうやらここで引いたら僕の兄さんの貞操が危ないようだ・・・」

ルルーシュ2
「えっ、そうなの?」

先攻・咲世子
ルルーシュ3
↑咲世子
「そこの可愛いハニー達♪
俺と軽くお茶しないか?」


ルルーシュ2
「俺はそんな事言わないぞ!
っていうかすごくノリノリじゃないか!」


ルルーシュ3
「シャーリー、実は今日サンドイッチ作りすぎたんだけど・・・
良かったら食べてくれないかな?」


ルルーシュ4
「逆だろ!男子はそんな事しないぞ!
ナナリーの為なら俺は作るけどな!」


ヴィレッタ2
「でも、かなりの数の女子に受けてますけど・・・」

ロロ
「そんなのやりすぎだよ。
それで兄さんを語ろうだなんて、6千5億年早いよ。」


ルルーシュ10
(確かにロロなら咲世子の様にやりすぎないだろう。)

後攻・ロロ
ルルーシュ5
↑ロロ
(って言っても僕、女の子を口説くの初めてだよ・・・
兄さん、僕にひとかけらの勇気を!)
「あ、あの!」

シャーリー5
「ルル~!!」
(ドドドドドドドドドド!!)
(キャーキャー)
(キャーキャー)
(キャーキャー)
(キャーキャー)
(キャーキャー)
(キャーキャー)


(ドドドドドドドドドド!!)

ルルーシュ 9
↑ロロ
「うわっ、ちょっと押さないで!
ああああああぁぁぁぁ・・・・・・


ルルーシュ5
「・・・・・・」

咲世子2
「・・・・・・」

ヴィレッタ3
「・・・見えなくなっちゃいましたね。」

ルルーシュ5
「まさかロロが女子の大群に攫われるとは・・・」

咲世子2
「私の勝ちですね。」

ルルーシュ10
「・・・まあ、頼むぞ。」

咲世子2
「お任せ下さい、ルルーシュ様兼ゼロ様。
略してルルゼロ様。」


c.c.7
「ルル×ゼロだと!?
しまった私としたことがその組み合わせに気づかなかったとは・・・
でもそうなるとやっぱり受けは・・・」


ルルーシュ8
「何故貴様がここにいるぅっ!?」

スポンサーサイト
女装ってのはルルーシュみたいな人のためにあるものであってリヴァルがしても気持ち悪いだけでゲスよ
TURN10のパロ

アーニャ
「じゃあ、これもルルーシュ?」

ミレイ 猫
「それは!?」

スザク4
「シークレットレアの子供版(貴族仕様)の
ルルーシュ!!?」


ジノ
「おーい、何の話してるんだ?」

アーニャ
「この人は私の初恋の人・・・今でも好き。」

スザク8
「じゃあアーニャ、僕達は仲間であると同時に
恋のライバルだね。」


ジノ
「何だよ、二人揃ってやっぱり俺の事・・・
俺は常にお前達のこと想ってるぜ?」


ミレイ 猫
「・・・・・・ハァ。」

スザク6
「・・・・・・ハァ。」

アーニャ
「・・・私が好きなのはこっち。」

ジノ
「なっっっ!!?ってガキじゃないか・・・脅かすなよな、ったく。
こんなのが俺に適うわけないだろ。」


スザク制服
「ちなみにこれが現在の彼の写真。」

ルルーシュ10
(キラーン☆)

ミレイ
「ちなみにこれが現在の彼が女装した映像。」
注:見たい人はピクドラSTAGE 9.33(DVD7巻収録)をみるのだ。


ジノ
「おっ、めちゃめちゃマブイじゃないか♪
・・・女装?」


アーニャ
「彼、素敵でしょ?」

ジノ
(・・・・・・・・・割と格好良いとかそれ以前に
あの女装した写真見て湧き上がったこの熱い気持ちが
冷静になると一転して、死にてぇな、死にてーよ・・・)


スザク3
「ジノもルルーシュに惚れちゃった?
ルルーシュは僕の物だ!渡さないよ!!」


何でもいいから好きなものを遠ざけると禁断症状が出るならカウンセリングにでも行っとっけ~
TURN8のパロ

アーニャ
「スザクって・・・マゾ?」

スザク制服
「え?・・・よく分かったね。
ルルーシュ以外の人には攻めに回るつもりは無いよ。」


アーニャ
「そぅ・・・スザクがそのつもりなら
私が功・・・」


ジノ
「おい、二人ともお待ちかねの連絡が来たぜ。
まさか二人して俺のこと格好いいとか素敵~とか話してたのか?
アーニャ、俺に惚れていいんだぜ?」


アーニャ
「・・・ジノ、折角いい雰囲気だったのに・・・
ウザイ、邪魔、消えて。・・・っていうか殺す。」
(ギロっ )
(もう私の半径10メートル近づくな・・・)


ジノ
「ヒッ!」



ルルーシュ ゼロ ruru
「ほぅ・・・ナイトオブラウンズが二人も。
あれ?柱の後ろにもう一人居たか。」
(あれ、何で震えながら隠れてるように見えるけど・・・)


ジノ
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい。」

ルルーシュ ゼロ ruru
「しかし総督の姿がないようだが
総督は何処にいるっ!?・・・ハァハァ・・・」


スザク8
「これは事務レベルの話だ。」
(・・・何か凄い息づかいが聞こえる気がする。)


ルルーシュ ゼロ ruru
なっっっ!!?・・・・・・・・・
・・・ハァ・・・やる気が無くなった・・・・・・もうどうでもいいや・・・」


c.c.9
「おぉ、よしよし。
悪いが総督を出してくれないか?
このままだとこいつはずっとこのままで
話は進まないぞ。」


ルルーシュ 9
「総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督総督ナナ総督総督ナナリー総督総督総督ナナリーナナリーナナリーナナリーナナリーナナリーナナリーナナリーナナリーナナリーナナリー・・・」

スザク3
「!!そのナナリーへのストーカークラスの執着心!!
やっぱりお前はルルーシュだぁぁぁぁあああ!!」


戦場を駆け巡り結婚式を挙げるとはロマンではないか、嗚呼ロマン・・・
TURN10のパロ

ルルーシュ ゼロ ruru
「カレン!無線はまだ生きているか!?」

カレン8

「すみません、失態を・・・」


ルルーシュ ゼロ ruru
「そんな事はいい!!」

カレン4
「!」

ルルーシュ ゼロ ruru
「あきらめるな・・・必ず助けてやる。」

c.c.7
「白馬に乗って。」

ルルーシュ ゼロ ruru
「・・・・・・いいな、下手に動くな。」

c.c.7
「そこで式を挙げるから。」

ルルーシュ ゼロ ruru
「・・・・・・分かってると思うが
さっきのは俺じゃなくて・・・」


カレン5
「は、はい!分っています、でも式は諦めません。これでも
ゼロのお嫁候補・・・」

(ガーガー)

ルルーシュ ゼロ ruru
(全然分かってない!!)

c.c.8
「罪な男だな。」

ルルーシュ ゼロ ruru
「誰の所為だっ!!」

パピヨン
注)扇↑
「総員、ゼロとカレンの結婚式準備。
今すぐにだ。」


ルルーシュ ゼロ ruru
「扇っ、なのか!?」

c.c.8
「扇のアイコンはやっぱりないので中の人つながりでアレ↑。」

ディートハルト
「私は式の取り壊しを宣言します。」

パピヨン
注)扇↑
「何故です?お似合いじゃないですか!
カレンとゼロの式を挙げないと。」


ディートハルト
「紅月カレンは一兵卒にすぎません。
紅月隊長には先程おかけになった言葉で十分です。
これ以上は編外、贔屓と取られます。
我々ゼロファンクラブを差し置いて結婚とは
うらやま・・・あ、いや、おこがましい・・・」


ルルーシュ5
(・・・あれ、話が変な方向に行っているぞ?)

ディートハルト
「このまま行くとファンクラブが崩壊する恐れが。
しかし情けの結婚は慎むべきでは?
ファンクラブ会員を増やす為には時に犠牲も必要です。」


ルルーシュ5
(犠牲?ファンクラブに必要なの!?)



カレン7
「・・・・・・ルルーシュの奴。」
↑↑



かぐや
「ちょっと待って下さい、ゼロ様!
私を差し置いて結婚とはどういうことですの?」


ルルーシュ ゼロ ruru
「あ、いや神楽様・・・
別に私はその・・・」


かぐや
「良かった、私の早とちりでしたのね・・・」

ルルーシュ ゼロ ruru
「はぁ・・・」

かぐや
「とにかく一番にゼロ様と結婚するのは私ですからね。」

ルルーシュ ゼロ ruru
「分かってない!!
っていうか一番って・・・」


パピヨン
注)扇↑
「ちょっと待ってくれ、ゼロ。
俺はカレンとは長い付き合いだから父性本能が芽生えてる。
どうかうちの子を一番に結婚してもらえないか?」


ディートハルト
「私は進言しました。
ファンクラブ会長の私を選ぶべきだったと!」



ルルーシュ ゼロ ruru
「貴様等・・・とりあえずその話は・・・」

玉城「ちょっと待てよ、お前ら。
ゼロに一番に約束したのは親友の俺だぜ。
そうだよな?俺にいいポストをくれるって。」


ディートハルト
「な?アイコンも無い貴方が
ゼロと婚約を!?」


ルルーシュ ゼロ ruru
「おのれ、アイコンの無いキャラは使わないという
管理人のポリシーを潰すとは・・・

アイコンの無い奴は黙ってろ!!」

玉城「何だよ、これを乗り越えた後にって約束だろ?」

ルルーシュ ゼロ ruru
「うるさい!状況を良く見ろ!!」

パピヨン
注)扇↑
「あんな奴は放っといて
頼むカレンを一番に選んでやってくれ。
お望みとあらば俺を好きにしていい。」


かぐや
「ゼロ様と一番に正式な式を挙げるのは
この新妻ですことよ。」


狂死朗 toudou
「まだ式は挙げていない!!
我々にだって挽回するチャンスが!!」


ショウゴ
「藤堂さん!?」

c.c.7
「やれやれ、人気者だな?」
(ニヤリ)


ルルーシュ ゼロ ruru
(!!この笑み・・・
まさか、この女ここまでの展開を予測して最初の一言を
放ったというのか!?)


リー シンクー
「ゼロォォォ!!
天子様を奪った挙句、他の女性まで誑かすとはぁぁぁぁ!!」


スザク8
「ルルーシュ!!!!」

ルルーシュ8
「シンクゥー!!
スザクッ!!」


スザク3
スザク6
スザク6
スザク6
スザク4
「ボクを・・・先に呼んでくれ・・・なかった・・・」

ジノ
「おい、スザク!?
しっかりしろ!!」




―沙希さん、コメントありがとうございます。
いやーすいませんね、更新する暇が最近少なくて。
おのれ、大学め・・・
これからも見に来てくださいね。

―rebolution さん、ブログ拍手にコメントありがとうございます。
カレンをそんなに積極的にした覚えは・・・あるな。
まあ、カレンはツンデレとツン攻めの二刀流って感じがしますね、僕は。

―ミズタマ。さん、長居してくれて結構ですよ。そういうブログで行きたいですから。
あとお気に入り登録してくださってありがとうございます。

気づかぬ間にテレビに出てても嬉しさより恥ずかしさ。
『突撃!学校にインタビュー!!』

ルルーシュ3
「ん?こんな番組あったか?」

『最近の学校はどうやらありきたりの事ばかりで
生徒も学ぶ物が限られてます。
この番組はその現状に立ち向かう一人の教師の密着取材!』


ルルーシュ
「フッ、別に学ぶも何も学校での授業など簡単だしな。
まあ、最近は忙しすぎて休みがちだが
この学校より充実してる所などなかなか無い。
チャンネル変えよ・・・」


『教える科目は何と、国語でも数学でもなく
腐女学!!』


ルルーシュ4
(ん?・・・最近どこかで聞いた様な言葉が飛び出たような・・・?)

『そして教師の名前はC.C.!!』

ルルーシュ4
「え?」

c.c.7
『よろしく。』

ルルーシュ8
「えぇーーー!!?」

エリアBL第八話「ぼくとわたしの腐女学」

ルルーシュ5
「こんなの取材して何処が面白いんだ?
というかこんな目立つ事しといて皇帝に知られたらどうするんだ?」


『C.C.さんの朝は居候させてもらってるお宅から始まります。』

ルルーシュ4
「ん?この家・・・まさか、いくらなんでも・・・」

c.c.8
『ん・・・ふわぁ~・・・・・・よく寝た・・・』

ルルーシュ
『うるさいぞ、俺は疲れてるんだ。』

ルルーシュ 9
ぐほぉぉぉ!!やっぱり俺のベッドに寝てる!!くそぉっ!」

『C.C.さんは居候先の人と同じ一つのベッドの上で一晩過ごした後・・・』

ルルーシュ5
「おい、夕方に放送するならもう少しマシな言葉を並べろ!!」

『そして朝ご飯はC.C.さん手作りの様子。
さらには量からして居候させてもらってる方々の分も作った様子。』


c.c.8
『朝ご飯はいつも昨晩のうちに作っといて
朝になってから暖めるんですよ。』


ルルーシュ8
「いや、違うから!作ったの俺だから!!
ていうか真っ先に温めるのって昨晩残ったピザ!?」


『そして学校に向かいましたC.C.さん。』

シャーリー
『先生、お早うございまーす。』

カレン10
『お早うございます、先生。』

c.c.9
『お早う。』

『生徒からの人気もかなりのようです。』

ルルーシュ5
「何だ?皆こいつを受け入れているのか?」

リヴァル
『おっす。』

C.C.4
『・・・生意気。』

リヴァル
(ガシッ)
『え?』

(ズルズルズルズル)
(バキ!ドカ!ドコ!ボコ!)
(ぎゃああああぁぁ!!)


『先生はとても生徒に対して優しく、
生徒もそれに応えるかのように品行方正になっていくのです。』


ルルーシュ5
「やさしく?思いっきり生徒殴ってましたよ!?
これじゃあ品行方正どころか反感買いますよ!?」


c.c.8
『はいはーい、号令!』

シャーリー3
『攻め!!』

カレン5
『受け!!』


(ガタタッ)

ルルーシュ 9
(え・・・今の何?)

c.c.7
『今日は最初の頃に教えた基本についての復習だ。』

ルルーシュ5
「こんなのに基本なんかあるのか・・・?
というより最初の頃って、こいつ長期に渡って教えてる?」


c.c.7
『ルルーシュ・ランペルージはっ!』

カレン5シャーリー3リヴァルニーナ
『総受け!総受け!総受け!!』

ルルーシュ3
(洗脳されてる!!)

c.c.9
『そこのお前、ルルーシュについて言ってみろ。』

カレン8
『はい!ブリタニアの少年、ルルーシュは二つ萌え要素がありまして、
一つはツンデレ。普段は冷たいがここぞって言うときに
見せる赤面や照れは他の人々を狼にさせる。
二つ目は総受け。彼はどんなに試行錯誤し、自分のペースに
持って行っても最後には受けに回ってしまう。
その二つの要素により彼は幾度も様々な人間に押し倒されてしまい、
男だろうが女だろうがギアス界のカップリングの
基本となる人物です。そもそも彼の凄い所が
その貧弱な萌え体質を補う饒舌なトークで
例え最初ルルーシュに気が無くても後々気になってしまう存在です。
さらにカップリングの基本では今まではルル×スザクでしたが
R2になりルル×ロロという兄弟でいっちゃう
人達が多くなり・・・』


c.c.7
『そこまで!』

ルルーシュ5
(答え長ぇっ!!
何でそんなに雑学のようなものを覚えているんだ!

というかカレンがまさかそういう趣味が・・・
これもやはりあの女の影響か、となるとカレンだけでなく
シャーリーも・・・もしやナナリーにまで!?
それにルルーシュって・・・・・・俺のことか?)


c.c.7
『いい答えだが、ルル×スザクでなくスザク×ルルだ。
そういうカップリングの場合は先に出した名前が攻めだと
言ったろう。ルル×ロロもだ。
ルルーシュのような超奥手の坊やは一生受けだ。』


ルルーシュ2
(どうでも言い事だろ、それ!でも腹立つな!!)

カレン 6
『言っとくけど、これは授業なんだから先生の教えたことを
勉強しただけであってルルーシュには興味ないから。』


c.c.8
『それをツンデレと言う。』

『先生の授業は分かりやすく、生徒達も楽しんでいて
どうやら生徒達はここでの授業をとても愛し、
とてもよく学んでいるようです。』


ルルーシュ2
「学ぶって、こんなどうでもいい事学んでどうするんだ!!」

c.c.7
『この授業は様々な視点で物事で見ることにより
生徒達の分析力や判断力ならびに妄想力を伸ばします。』


ルルーシュ5
「もっともらしい事を言ってるが・・・妄想力?」

『ですが、そんなC.C.先生にも生徒について悩みがありました。』

C.C.6
『ええ、たった一人私の授業に全く出席しない生徒がいるんです。』

ルルーシュ4
「そりゃ、こんなの普通なら馬鹿馬鹿しくて参加しないだろ・・・
ってたった一人だけ?結構支持あるの、そんな授業!?
・・・・・・というより、たった一人って・・・?・・・まさか。」


『そう、不登校がちなL君です。』

ルルーシュ2
『何をピザばっかり食べているこの腐女!!
いい加減、俺を漫画のキャラに使うのをやめろピザ女!』


ルルーシュ8
「やっぱり、俺だ!くそ~~~!!」

c.c.9
『折角私がお前のために個人レッスンを開いているというのに・・・
もう少し真面目にしないか!』


ルルーシュ
『なめるな、貴様程度に習うものなど何一つ無い!』

C.C.4
『私はお前の将来を思って・・・』

ルルーシュ2
『二度とその下らない話題を俺に振るな!!』
(スタスタ・・・)

C.C.5
(ガクッ)
『うっうっ・・・・・・』

ルルーシュ5
何だ、この罪悪感・・・明らかにからかわれてる筈なのに
俺が悪者みたいに報道されてる・・・)


『先生の好意を全く無視して去っていくLンペルージ君。』

ルルーシュ8
「って、今L君じゃなくてLンペルージ君って言ったよね!?
ほとんど名字だしてるじゃん!偽名だけど!!」


C.C.6
『私の言葉はルルーシュ君には届かないのか・・・』

ルルーシュ5
「何か良いこと言ってるみたいだけど出しちゃってるからね、名前!
そこはピー音とかで伏せるべきでしょ!?ディレクター!!」


ディートハルト
↑ディレクター

『そしてC.C.先生は迷った挙句、
ルルーシュ君を放課後に呼び出して説得を試みました。』


ルルーシュ5
「放課後?あいつと学校でそんなのあったけ?
あと俺の名前伏せる気ないでしょ、この番組。」


(ガラッ)

c.c.7
『来たか、ルルーシュ君。』

koutei
『うむ。』
(キラーン☆)


ルルーシュ2
「って、おぉーーーい!!!!それルルーシュ君じゃないから!
ルルーシュ《父》だから!!っていうか
何、呑気に皇帝と面会してるんだあの女!!
それ以前に皇帝ともあろう者がこんなテレビ番組に出ていいのか!!?」


c.c.9
『お前は私の授業が嫌いなのだろう?でも分かってくれ、
私はルルーシュ君のためになると確信しているから教えているんだ。』


koutei
『うむ。すいませんでした。』
(キラーン☆)


ルルーシュ8
「説教短すぎだろ!!あと(キラーン☆)って何だ?
俺のフリするにしても、俺は一度もやった事無いからそんなの!!」


『こうしてC.C.先生は学園に革命をもたらし去っていくのでした・・・』

ルルーシュ5
「え、去ったの?」

c.c.7
『やっぱり、カレンはツンデレだな。』

監督/脚本 C.C.
ディレクター/カメラ ディートハルト
出演 C.C.
    皇帝
    他

ルルーシュ4
「・・・・・・・・・・俺は他か。」

(ウィーン)
ナナリー5
「お兄様の勇姿はちゃんとビデオに納めましたから(笑)」

ルルーシュ 9
(・・・・・・ナナリー(泣))

最近大学が忙しいという理由で更新サボりがち・・・
TURN9より

ルルーシュ ゼロ ruru
「私が勝てばスザクを頂きましょう。」

ジノ
「なっ!」

スザク制服
「ル~ル~シュ~
覚えてくれてたんだね~


ルルーシュ ゼロ ruru
(何か来る・・・
ウェディングドレスらしき物を着た何かが・・・)


スザク制服
「ルル~シュ~!!
左手の薬指~~~


ルルーシュ ゼロ ruru
(何だ、それは!!
昔作った暗号にそんなのは無いぞ!!)

「・・・わ、私はゼロ・・・」

スザク制服
「さあ、式を挙げよう~。
シュナイゼル殿下・・・悪いですけど、負けてください。
ボクも早く結婚したいので。」


ルルーシュ ゼロ ruru
(聞いてない!?)

――――――
ロロ
「あれ、スザロロステーションは?」

ゆ ・・・
「いや、最近忙しいからさ・・・大学が。
おかげさまで更新するのがだるくてだるくて・・・
でも今度、又更新するならエリアBLと名探偵ルルーシュ
どっちがいいかな~?」

ロロ
「当然、兄さんが活躍する名探偵ルルーシュでしょ!」

ゆ
「いや、両方彼がメインだから。」

ロロ
「でも、名探偵ルルーシュならあんなピザ女の出番は消えて
ボクと兄さんで難事件を解決とか・・・」


ゆ
「だから君、どっちにしろ出ないから。」

ロロ
「え?」

ゆ
「両方ともR2じゃなくて初期のコードギアスが舞台だから。」

ロロ
「そんな・・・兄~さーーーん!!」


好きなことならバレても堂々とすれば自分を苦しめずに済む時も希にあるんじゃない?
TURN5のパロ

c.c.8
「で、相手にギアスは使ったのか?」

ルルーシュ10
「当面は必要なくなった。それより皇帝に・・・」

カレン5
「ちょっと待って。私にもパイロットの事は秘密なの?」

ルルーシュ
「いいだろう?秘め事だって持ちたいときもある。」

カレン4
「それはゼロとして?ルルーシュとして?」

ルルーシュ
「君との関係もオープンにはしていない。」

カレン7
「ちょっと変な言い方は止めてよ!」

c.c.8
「私とルルーシュの本当の関係もオープンにしていないしな。」

カレン8
(本当の関係・・・?)

ルルーシュ5
「何をデタラメな・・・!」

カレン4
「それって愛人関係ってこと?
それとも・・・」


c.c.7
「期待に応えられなくて悪いが・・・」

ルルーシュ10
「何を言ってるんだい、C.C.?
俺達はせいぜい共犯関係・・・」


c.c.7
(お前の部屋に隠されたアレのことを言うぞ。)

ルルーシュ5
(ま、まさか・・・貴様っ!!)

カレン8
「?」

c.c.7
(そう、貴様は特撮物が好きでウルトラマンに仮面ライダー、
さらには戦隊物のグッズ
を集めていたようだな。)


ルルーシュ 9
(だが、カレンに突きつけられるような証拠は何も無い筈・・・)

c.c.7
(お前の目の前で貴様の一番のお気に入りのコレを
真っ二つにするぞ?)


ルルーシュ8
(俺のウルトラマンタロウフィギュア!?
キサマァ・・・卑怯な!!)


カレン5
「さっきからどうしたの、二人とも?ずっと睨みあって・・・」
(ハッ、いや!もしかして見詰め合ってる!?
互いの愛の深さを無言で私に見せ付けてるっていうの!?)


c.c.9
「さあ言え、ルルーシュ。私達の関係を。」

ルルーシュ 9
「・・・くっ・・・俺はコイツには逆らえない・・・」

カレン7
(ええっーーー!!?恋人関係からまさかの主従関係!?
しかもあの女のほうが上!?)

「一体どうしたら、ルルーシュが・・・」


c.c.7
「ルルーシュを口説き落とす方法を教えてやろうか?」

カレン8
「えっ、本当に?」

c.c.9
「ああ、先にお前にやってもらいたい事があるから。
その後でじっくりとな・・・」


カレン10
「分かった、結ぶよその契約。」

ルルーシュ8
やめろ・・・それ以上俺のコレクションのことを広めないでー!!)

――――――
カレン8
「それで私は何をすればいいの?」

c.c.7
「何、少しそれを手伝ってもらいたいだけだ。」

カレン
「それって・・・漫画!?」

c.c.7
「そう、わがサークル『エリアBL』が今度のイベントに
販売予定の同人誌だ。お前には私のアシスタントをやってもらいたい。」


カレン
「ええっ!?」

・・・そして

カレン5
「線がずれたー!!」

c.c.7
「ホワイトを使え!」

カレン5
「インクこぼしたーー!!」

c.c.7
「そんな事言ってる暇があったら拭け!」

カレン5
「違うスクリーントーン張っちゃたー!!」

c.c.9
ああ、もういい!・・・これじゃあ間に合わないな・・・
仕方ない久々に真面目に本気出すか。」


カレン5
「本気出したら間に合うんなら最初から一人で本気出してやって下さいよ!」

c.c.7
「おや~?ルルーシュの秘密を知りたかったんじゃないのか?」

カレン4
「いえ、もういいです。こんな事やってられないわ。」

c.c.8
「そうか・・・人に迷惑だけかけといて勝手に帰っちゃうんだ~。
それでゼロの親衛隊?
仁義も通さない奴が笑わせてくれる。」


カレン8
分かったわよ!でも私なんかが手伝っても迷惑かけるし・・・」

c.c.7
「フッ、私を見くびるな。貴様への指導と漫画の作業ぐらい両立してみせる!」

カレン10
「先生!」

ルルーシュ4
「・・・いい加減、俺の部屋でうるさくするの止めてくれないか?」


ーーーーーー
meaさん、コメントの返事送れてスイマセンでしたー(土下座)
最近更新はしても拍手コメントチェックしないという悪い癖がありまして・・・
まあ、ボクのネタでも楽しんでもらえる人から
コメントが来るっていうのは嬉しくて・・・
これからもよろしくお願いしまっす。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。