スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すでに四月なのに今更バレンタインネタで ギアスキャラ大量発生なのに設定がメチャメチャで 茶村のあ、伊藤アッシュさん、ついでに他の4月26日生まれの人達にハッピーバースデー
―これはゆーまるが本当は2月14日用の筈なのに忙しいし長そうだからという理由で
お蔵入りになっていたネタである。

ルルーシュ2
「タイトル長っ!!」

ゆ ・・・
「おいおい、折角テロップ入れたのに突っ込みどころ違うんじゃありません~?」

ルルーシュ5
「というか今更バレンタインネタか・・・時期が違うんじゃないか?」

ゆ
「こういうのはやれるうちにやっとかないとね。」

スザク制服
「僕は嬉しいよ。ルルーシュと愛を語れるから。」

ロロ
「そうはさせないよ。兄さんは僕のものだ!」

スザク制服
「残念だけど、R2ネタはここの管理人がまだ見てないからしないよ。」

ロロ
「そ、そんな・・・!!」

c.c.7
「ちなみに今回は本人曰くかなり長いネタだから時間のある人または
グダグダな内容でも読んでくれる人にお勧めです。」


ルルーシュ
「設定とか結構パラレル的な作品だな。
なんせ、クロヴィスとシンクーさんが競演してるし・・・」


ゆ
「一応これは茶村のあさんと伊藤アッシュさんの誕生日祝いって事で
時期外れとか気にせず続き↓をどうぞ。」

スポンサーサイト
久しぶりなので軽くジャブのような短い話
c.c.2
「ルンルンル~ン♪」

ルルーシュ5
「・・・全く貴様はピザを食うか俺にチョッカイ出すか
・・・・・・変な絵を描くばかりだな・・・」


c.c.2
「趣味だからな。」

ルルーシュ2
「・・・いい加減俺の絵を描くのを止めろ!
というよりその手の表現もしくは展開をするな!」


c.c.2
「趣味だからな。」

ルルーシュ4
・・・ルルーシュ総受け・・・!もしかしてお前俺に気があるのか?」


c.c.2



ルルーシュ
(冗談のつもりだったが意外と効いてる?
主導権を握るチャンスは今しかない!)
「フッ、これだからお前の様な女は・・・」


C.C.4
「別にいいんだぞ。私がお前に好意を持っても。」

ルルーシュ2
「・・・ほぁ??」

C.C.4
「恥ずかしがるな、とりあえず抱きしめてやろう。」

ルルーシュ2
「な、な、な!!ッッッ!!!!
やめろ!近寄るな!!」


c.c.2
「フッ、冗談だ。私が貴様相手に本気にするわけないだろう。
顔が赤くなってるぞ、坊や。」


ルルーシュ5
「き、貴様~!!」

棒人間が復活する日
ルルーシュ5
「・・・何だ・・・これは・・・」

だん君
「何って久しぶりに更新されたんだよ♪」

ルルーシュ
「俺はてっきり管理人がこのブログを放棄したのだと思ってたぞ・・・」

らきすた 猫
「まぁ、ここの管理人も受験やら期末やら課題とかで忙しかったんだよ。」

ゆ
「それに一応今までの分を平均にしたら週に1回以上は更新してるぞ、多分・・・

ルルーシュ3
「あれ?でもそういう受験とかは先々週に全部終わって休暇をノビノビとすごしてた様な・・・」

だん君
「まあまあ更新されたから良しとしようよ。どうやらここの管理人は結構気まぐれな人で、
R2に乗じて復活したんじゃなくて伊藤あっしゅさんのギアスの記事を読んで
更新する気になったそうだよ。あ、これ秘密ね。」


ルルーシュ4
「というか、お前は誰だ?」

スザク5
「酷い、しばらく更新されなかったからって僕の顔を忘れるなんて・・・」

c.c.2
「どうやらこの管理人はあまりに久しぶりなもんでアイコンを間違えてしまってる様だな・・・スザクだけ・・・」

ゆ
「テヘッ♪手がスベチャッタ!」

ルルーシュ5
「いや、普通間違えないだろ・・・」

パピヨン
「僕のことはともかくルルーシュの顔を間違えるなんて・・・許さない!!」

ゆ
「う、うわー。」

ルルーシュ5
「・・・お前のアイコンだけだぞ、間違ってるの・・・」

ロロ
「ちなみにここの管理人はR2を一話も見終わってないので原作ネタは
恐らくまだしませんのでご了承下さい。兄さんは渡さないよ・・・


スザク3
「R2になってからライバル増えすぎ!でも僕は常にルルーシュの一番だよ♪
君たちなんか目じゃないさ!!」


C.C.4
「フフフ、益々カップリングの幅が広がるな・・・」

ルルーシュ5
「はぁ~、益々俺の疲労が溜まっていくな・・・」

ゆ ・・・
「はぁ~、益々アイコンの幅が広がるな・・・使い分けるの面倒クセェ・・・
(駄目な管理人の例です。良い子の皆は真似しないでね♪)

ロロ
「僕と兄さんの活躍を期待してね♪」

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。