スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男性が料理が出来たらカッコイイのはその人がすでに外見的にカッコイイからだ。
ルルーシュ

「会長・・・持ってきましたよ。」

ミレイ

「あら、早かったわね。・・・うん、美味しい。
やっぱりルルーシュの料理は最高ね。」


ルルーシュ

「会長なら使用人にでも作らせたら良いのに・・・
何で俺が・・・しかもマニアックな注文ばかりだし・・・」


ミレイ

「いいじゃない、恩返しみたいなカンジで。」

ルルーシュ

「まあ、別に俺も料理するのは嫌いじゃないが・・・」

ミレイ 猫
「それならおはぎ作って。」

ルルーシュ5

ってまだ食べるのか!!
一応言っておくがイレブンの料理は自信無いぞ。」


ミレイ 猫
「大丈夫、私は信じてるわ。」

ルルーシュ2

「あなたはおはぎが食べたいからでしょうが。」

――――――
・・・そして

ルルーシュ4

「出来ましたよ、一応それっぽく作りました。
本来なら裁縫針を仕込むらしいですが、入れないでおきました。」


ミレイ 猫
「入れないに決まっているでしょ。
・・・ひぐら●じゃないんだから・・・」


ルルーシュ4

「え?ひぐ・・・何て?」

ミレイ

「うわぁ~それにしても本当に美味しいそうね。
頂きまーす。」


ルルーシュ

「相変わらず人の話を無視するんですね・・・」

――――――
・・・再びそして

ミレイ

「さすがに一人じゃ食べきれないわね。」

ルルーシュ3

「当然ですよ・・・あんなにたくさんの料理を食べた後ですから・・・」

ミレイ

「残りはルルーシュがたべていいわよ。」

ルルーシュ4

「入りませんよ。作りながら味見する際に食べたし。
・・・そもそもあんなに作ったのに一個しか残ってないし。」


ミレイ

「じゃあ、好きな人にでもプレゼントしたら?
例え一個だけでもプレゼントって響きがあれば結構良いカンジになるわよ。」


ルルーシュ3

「そうだな・・・ナッナリー!!」
(ダダダダダッ!!)

ミレイ 猫

「やっぱり思い通りに行かないのが現実なのよね・・・」

――――――
ルルーシュ5

「ナナリー、お兄ちゃんからプレゼントだゾウ!!
・・・あれ、ナナリーがいない?・・・ん?」


(ルルーシュはテーブルの上にあるメモを読んだ。)

お兄様があまりのシスコンでウザ過ぎるのにいつまでも耐えられないので
息抜きに佐世子さんと買い物に行きます。byナナリー」


ルルーシュ4

「・・・何だ買い物に行っちゃたのか・・・
このおはぎナナリーに食べてもらいたかったな・・・
きっとナナリーが食べたら・・・」


C.C.4

「・・・美味しい・・・」
(モグモグ)

ルルーシュ2

「そう、美味しいって・・・何故貴様が食べている!!?」

c.c.1

「冷たくなると勿体無いから。」

ルルーシュ2

「ッッッ!!
だが貴様に食われる方が勿体無い!!
第一キサマはさっきピザを平らげたばかりだろうが!!
・・・太るぞ。」

c.c.2

!!!!・・・やれやれ、ルルーシュも冷たいな。
こんなに若く美しいレディに向かって太いとは・・・」


ルルーシュ5

「全然若くないだろ・・・どうせ20は優に超えてるだろうに・・・」


C.C.6

「女性に体重と年は誉める時以外はタブーだぞ。
まったく冷えたおはぎより冷たいルルーシュに一体何人もの女性が泣かされたんだろうなぁ・・・」


ルルーシュ5

「う・・・済まなかった。」

c.c.2

「おや?今回は素直だな。」

ルルーシュ5

「俺は女性の気持ちを理解しなくてはならない。
ナナリーの気持ちをしっかり理解する為に!!」


c.c.2

「・・・」

スポンサーサイト
後の祭りは最も悲しい祭である☆
スザク制服

「こんばんわ、ルルーシュ。」

ルルーシュ

「何だ?その格好は?」

スザク制服

「見ての通り狼男だよ。今日はハロウィーンだからね。
お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ☆」


ルルーシュ

「・・・ハロウィーンはもう何日も前だぞ。」

スザク6

「・・・・・・」

ルルーシュ4

「・・・何かごめん・・・もう過ぎちゃってるから・・・」

スザク6

「しょうがない、とりあえずルルーシュに悪戯でもするか。」

ルルーシュ5

「え?何故!?」

スザク制服

「フッフッフ、さあ~覚悟してルルーシュ。
今夜は君の唇を奪わせてもらうよ。」


ルルーシュ5

「貴様まさかそれが目的で・・・」

スザク制服

「大丈夫、僕を信じて。」

ルルーシュ5

「信じられるか!!」

c.c.1

「おお。資料が目の前に溢れている。」

ルルーシュ2

「そこ!!見てるなら助けろ!!というか助けて!!」

c.c.2

ハァ~相変わらず貧弱だな。じゃあな。」

ルルーシュ2

「俺を見捨てる気か!!C.C.!!!!」

描きかけより仕上がってる方が楽しめるが描きかけを読むとと一足先に読めて少し得した気分になる。
エリアBL第三話「C.C.のプラン」

c.c.2

(カキカキ)

ルルーシュ

「・・・貴様・・・今度は何を描いている?」

c.c.2

「ちょっとネタになりそうなのを、な。」

ルルーシュ

「まさか、また俺をおちょくる様なものを・・・」

c.c.1

「ああ、そうだ。」

ルルーシュ5

「見せてみろ!」

c.c.2

「何だかんだ言って本当はBLに興味があるんじゃないのか?」

ルルーシュ4

「なになに・・・“スザクがルルーシュに言いたいセリフ・ベスト3?”」

第三位
------
スザク制服

「今晩、君のベッドで。」
------

ルルーシュ5
「・・・・・・」

c.c.2

「次はもっとすごいぞ。」

第二位
------
スザク制服

「大丈夫、痛くないから。」
------

ルルーシュ

「・・・もう読まなくていいかな・・・」

c.c.2

「そしてわたしが選んだ第一位は!」

------
スザク制服

「さあ、僕達が一つになる時だ。」
------

ルルーシュ5

「・・・・・・・・・・・・・・・何で俺こんなの読んだんだろ・・・」

c.c.1

「何を言う?このセリフ一つ一つだけでなにか話が作れるぞ。」

ルルーシュ2

「貴様はどこまで俺を弄ぶつもりだ!!」

キツイぜ・・・感動したぜ・・・悲しいぜ・・・
・・・コードギアスの14話と15話を見た・・・
ああ~シャーリ~何て悲しいんだ・・・
もうあの頃のドタバタが見れないと思うと・・・
何だかやるせない・・・
14話を見たのは昨晩の11時ごろだがあの後1時近くまで起きてた。
あの話を見てすぐ寝れるもんですか!
何だろこの気持ち・・・失恋ってこれに近い感覚かね。
シャーリーとルルーシュのペアは永遠だと思いたい。

え?マオが死んだ?別にどっちでもいいよ、シャーリーと比べたら。
(とか言いつつ、その内マオでネタをするんだろうけど)

今後のブログどうしよ・・・
今までみたいなのでいいのかな・・・
それともシャーリーと他人ごっこ状態の方がいいのかな・・・

ルルーシュ・・・君はとても悲しい、だが一番お気に入りのキャラ
なので幸せになってほしい。
(作品のキャラに幸せになって欲しいと願ったのは初めてだ)

無邪気も迷惑だがやっぱり無邪気なので何とも言えない
ユフィ

「お姉様が何と言おうと私はスザクさんに会いに行きます!」

コーネリア

「ユフィ!私はお前の身を案じてだな・・・
だいたいナンバーズに好意を持つなど・・・」


(バタン!!)

コーネリア

「・・・行ってしまったか。・・・ああ、もしユフィに彼氏が出来たらどうしよう・・・
しかも相手はイレブン・・・でもここは姉として喜ぶべきなのだろうか・・・」


――――――

セシル2

「あ、ユーフェミア様。技術部には何のご様で?」

ユフィ2

「少尉はいますか?」

セシル2

「ええ、彼なら恋人もいないしフリーですよ。」

ユフィ3
「えっ、そういうつもりでは・・・」

セシル
「そうだ!どうせなら・・・」

――――――

ロイド

「あぁ~ひ~ま~だ~な~。」

スザク6

「ロイドさん、そんな事言う暇があるなら仕事したらどうですか?
どうせ実は色々仕事が溜まってるんでしょ?」


ロイド

「そういう面倒臭そうなのは全部セシル君に任せてるからね。
僕はおもいっきり暇なの。」


セシル2

「暇なら丁度良かったわ。」

ロイド2

「あ、セシル君。それにこれはこれはユーフェミア様。」

スザク

「こんな所に来るなんて・・・一体何かあったんですか?」

ユフィ2

「いえ、(貴方に)ちょっと差し入れを・・・」

スザク

「へぇ~。嬉しいな・・・」

セシル
「私を手伝ってくれたのよ。ハイ、今回の味噌汁はちゃんと味噌が入っているから。」

(味噌汁は眩い銀色の光を放っている!!)

ロイド2

「さぁーてと、僕は仕事しなきゃ。
スザク君はゆっくり味わってなよ。」


セシル3

「お前さっき“おもいっきり暇なの”って言ってたろ・・・」

ロイド

「ヒッ、ご~め~ん~な~さ~い~ぃぃぃぃ!!」

ユフィ3

「あの、どうかなされたのですか?
もしかしてお口に合いませんか?
何だか涙を流しているように見えますけど・・・」


スザク6

「いや、おいしいよ・・・
嬉しすぎて泣いているんだ。どうもありがとうユフィ。」


ユフィ2

「まぁ、喜んでもらえてうれしい!!
たくさん作ってきたからどんどんお替わりしてね。」


スザク6

「あ、ありがとうユフィ・・・」

――――――

ロイド

「・・・だからセシル君の料理を30人分食べるのはよせといったのに・・・
スザク君・・・もう一週間経つのに目覚めないのか・・・
・・・かわいそうに料理のせいで生死をさ迷っているのか・・・」


スザク4

「ぎ、銀色の味噌汁は・・・勘弁して・・・」

一人で考えていると変な方向に行ったりするが、他の人に言うと必ずややこしくなる
――――――

かれん

「はぁ~最近(黒の騎士団で)忙しくてしんどいな・・・
まあ、仕方ないんだけどろくに寝てないしルルーシュともお喋り出来ないし・・・
って、何でそこでそいつが出てくるんだろう・・・?
確かに変な奴で気にはしてたけど、まさかそんな・・・
思えばあいつ最初からおかしいのよね・・・」


――――――

ルルーシュ4

“俺と一緒に来てくれないか。俺には君が愛しくて仕方ないんだ。”
(注・カレンの記憶はうろ覚えです)

――――――

かれん

「・・・みたいな事言ってたような・・・
それにあの後よく考えたらわざと私の服を濡らした気がするし・・・
でもだからといって何であいつが服持ってくるのよ!!
別に他の女性でも良かった筈なのに・・・
おかげで私の裸・・・見られて・・・」


――――――

ルルーシュ3

「へえ、奇麗な体しているな・・・思わず見惚れちゃうよ・・・」
(注・カレンの記憶はうろ覚えです)

――――――

かれん

「・・・・・・・・・・・・・・
・・・しかもあの後、あいつあんな事まで・・・


――――――

かれん

「・・・これ何?何で私の顔押さえてるの?」

ルルーシュ3

「キスしてもいいかな?」

カレン

「えっ?」

ルルーシュ3

「こんなに顔を近づけているんだ、するのが普通だろ?」
(注・カレンの記憶は(以下略)

――――――

かれん

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何でキスしなかったんだろ、あの時・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・って何で私が残念がるのよ!!別にあんな奴どうでもいいのに!!」


ルルーシュ

「誰がどうでもいいって?」

カレン

「きゃああああああああああ!!」

ルルーシュ5

「えっ・・・何で悲鳴を上げたんだ・・・?」



キャラが変わったと言われても初めて見る人には分からない
ルルーシュ

(そういや、最近宿題溜まってたな・・・
他の奴等から写しすぎるのもなんだし自分でやるか・・・)


C.C.4

「こんばんは、ルルーシュさん・・・」

ルルーシュ4

「お前か・・・今は貴様に構ってる気分じゃない。」

C.C.4

「まあ、宿題をやっていらしゃっるのですか?」

ルルーシュ4

「見たら分かるだろ・・・」

C.C.6

「大変そうですね・・・私が教えて差し上げましょうか?」

ルルーシュ5

「貴様・・・何を企んでいる?どういう風の吹き回しだ?
・・・そもそもその変な言葉づかいをやめろ・・・熱でもあるのか?」


C.C.4

「別にそんなに照れなくてもいいじゃないですか。
うふふ、かわいいですね。」


ルルーシュ5

(ゾゾゾッ!!)

C.C.4

「顔色が悪そうですけど・・・熱でもあるのでしょうか?」

ルルーシュ2

「か、顔を近づけるな!俺に触るな!!」

C.C.4

「クスクス、やっぱり可愛い・・・」

ルルーシュ5

「今更、こんな質問するとは思わなかったが・・・
貴様、誰だ?」


C.C.4

(ニコッ)
「C.C.ですよ。」

ルルーシュ4

「・・・!・・・貴様、最近何のアニメを見た・・・」

c.c.1

「フルメタルパニック・TSR。」

ルルーシュ2

「そうか・・・いい加減、アニメキャラの物真似はやめろ!!」

c.c.2

「わたしがテッサを演じるだけで顔を真っ赤にするとはな・・・
写真、撮っとけばよかったな。」


ルルーシュ2

「よくない!!」

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。