スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひぐらしと種について
前回圭一がキラに似てるというネタを
しましたがそういえば圭一以外にも種から声優がいたなー。
ラウ=ル=クルーゼ - 関 俊彦




圭一

「えーとここが入江診療所か・・・」

・・・・・・そして・・・

鷹野

「次の方、どうぞ」

圭一

「失礼します。」

イリー

(ピロリーン!!)
「!! 君が前原圭一君か・・・」

圭一

「え、そうですけど?」

イリー

「そうか、久しぶりだな。
キラ ヤマト!!」

(入江は机から仮面をとりだした!)
クルーゼ



圭一

「お前は・・・ラウ=ル=クルーゼか!!

イリー

「フハハ、ここで会ったが百年目!!
種の時に私の仮面を砕いた恨み、
ここで晴らしてくれるわ!!」


圭一

「させるか!僕には守りたい、大切な人が
帰りを待ってるんだ!!」


イリー

「うをおおおぉぉぉぉぉ!!!!」

圭一

「やあああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

鷹野 ダーク

「診療所で暴れるのなら、
あなた達の命ごと止めますよ・・・」


イリー
圭一


い、スイマセン・・・



スポンサーサイト
究極の選択といわれても意外と簡単に答えられるのもある
ー今回はスクランのパロ。 スクランのアニメ再び続編しないかな・・・ー



魅音 驚き

(まさか、圭ちゃんとデートが出来るなんて・・・
思い切って誘ってみるもんだね・・・)


圭一

「歩いてたら腹へってきたな・・・」

魅音

「圭ちゃん、あたしおはぎ作ってきたよ。」

圭一

「おっ、サンキュー。
俺、魅音の作ったおはぎ好きなんだ。」


魅音 どきっ

(やった。もしかして好感度アップ!?
ひょっとして今がチャンスかも?)
「ね、ねえ圭ちゃん?」


圭一

「んー?」

魅音 笑

「あたしとおはぎ、どっちが好き?」

圭一

「おはぎ。」

魅音 驚き

(うぐぉっ!!!)
「ア、アハハ。質問のちょっと間違えちゃったみたい。
あたしと裁縫針がぎっしり詰まったおはぎ、どっちが好き?」


圭一

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・裁縫針が・・・」


魅音 驚き

「いやあー!!
あたしと裁縫針がぎっしり詰まったおはぎで悩んだ上に
おはぎをえらぶなんてー!!」

(ダダダダダダダダッ!!)

圭一

「・・・ぎっしり詰まったおはぎより・・・
ってどうして走ってくんだ?」


トミー

「アッハッハ。
駄目だよ、圭一君。男の子は女の子を泣かせてはいけない。
当然だろう?」


圭一

「あなたは時報さん!」

トミー

「とりあえず彼女を追いかけるんだ。
彼女の心を救えるのは君しかいない!!」


圭一

「ありがとうトミー!!
あと今回なんかカッコ良く出張ってるけど
脇役が出張ったら死亡フラグが立つだけだぜ!!」

(タタタッ)

トミー

「ふっ、心配するな圭一君。」

レナ ひぐらし

「何、圭一×魅音の応援してるのかな?かな?」

トミー

「死亡フラグなら既に立っている。
うわー・・・」




圭一
(タッタッタ)
(何処に居るんだ、魅音。
悲しむなんてお前らしくねえよ!!)

(ズルッ、ドテ!!)
「くそ!!泥で転ぶなんて小学生か俺は!!
お前は確かにいろいろおじさんみたいなところがあって
大雑把だけどな、
俺は!!
お前が大好きだー!!」


ブタ

「えっ?」

圭一

「あれっ?」

ブタ

(どうしよう、今まで告白とかされてきたけど
こんな告白の仕方は初めて・・・
おじさんみたいなところも好きなんて・・・
いや、でもこんなに歳が離れているのに
男同士なんて・・・)


圭一

(やべぇ・・・
まさか目の前に人が居たなんて・・・
しかもブタ・・・
間違えました、言いてぇ・・・)
「間違えまし・・・」


ブタ

「いいでしょう。承諾いたしましょう。
詳しい話は旅館に着いてからという事で・・・」


圭一

「へっ!?」

魅音 ひぐらし

「ふーん、圭ちゃんってそういう趣味があったんだー。
どうりで私の好意が全然伝わらないと思ったよ。」


圭一

えっ!?魅音?これはその誤解で・・・
とりあえず話を・・・」


魅音 ひぐらし

「問答無用!!」

圭一

「ぎゃ~・・・」

確か昔YOU TUBEで大石が圭一を旅館に連れてく合成動画を
みて気色悪すぎて姉と大爆笑したなー。
というかスクラン、ホントに三学期かなんかでないかな。
今のところ好きなアニメNO.1!!なんだよねー。
(ひぐらしは!?)

球技大会が控えているので・・・
更新あまり出来なくてスミマセン!!
今週から球技大会が始まるので猛特訓してました。
ちなみに参加する種目は
バスケットボールとバレーボール。
バスケは小学校の頃ちまちま遊んでましたけど、
バレーは今回が初めて。
フフ、とりあえずブロック(っぽいの)とサーブ(っぽいの)は
出来るようになったぜ・・・
ゆ
(ニヤリ)
バスケは練習したが成果は論外!!
シュート?数年振りだというのに上手なわけないよ・・・
まあ、更新もせずに練習してたからそれなりに上達したと思いたいけど・・・
とりあえずやるからには優勝を目指す!!
素人だがこういう大会系はいつでも上を狙ってるんだぜ!!


時々彼がキラ ヤマトに見える気がする
圭一

「なぁレナ、今度の週末どこか行かないか?」

レナ 笑

「うん、いいよ!でもね・・・」

圭一

「ん?」

レナ なんで

「レナ、ちょっと聞きたい事あるんだけど・・・」

圭一

「ああ、何でも聞いていいぜ!」

レナ ひぐらし

「この間、戦艦エターナルの中で話してた
ピンク色の髪をした女の人、誰かな?」

ラクス



圭一

「し、知らない人だよ・・・」

レナ ひぐらし

「親しげに抱き合ったりしてたよね、
外で仲間が孤独にも奮闘してたのに。何でさっさと助けないのかな?」


圭一

「そ、そう親戚の人だよ。」

レナ 笑

「なーんだ、親戚の人だったんだ。」

圭一

「そ、そうなんだ。ハハ・・・」

レナ ひぐらし

「嘘だ!!!!」

圭一

「ごめんなさい!!」


キラと圭一、共通点が茶髪、主人公、美形以外に声優も一緒・・・


コンビとカップリングは違う筈だ!!
これは古キョンだが勘違いしないで欲しい。
たまたま昔の少年サンデーを読んでたら古キョンで
ハヤテのごとくのパロが出来そうだから作ってみただけで
別にBLとかそーいうつもりは皆無、ナッシングです。



ー涼宮ハルヒの憂鬱(多分13話)

古泉
「キョン君。」

キョン

「ん?」

古泉
「いえ・・・その、あの巨人を倒す
必殺技の超能力があるんですが・・・
それはその・・・
強い風が起こるので・・・
スカートをはいた人が近くにいると・・・
その・・・」


キョン

「は?俺が着てるのはどっからどう見てもズボンだろ?」

古泉
「サンキューズボン!!」

キョン

「何なんだ一体・・・?」



とまあこんな感じ。
どっからどうみても
古キョン(友情!!)であり
古キョン(ラブラブぅ!!)に見えない筈だ。
え?ハートが見える?
きっとあなたは家の姉と一緒の人種なだけで
まだ人間の域だから一応大丈夫だろう。



一度ある事は二度起こる
自分でまた300踏んじゃった・・・
アハハ、なんかまた空しいね・・・

それはともかくこんなブログに投票してくれた皆様!!
どうもありがとうございます。
おかげさまでブログランキングの一ページ目
つまり50位以内にはいることが出来ました。(ワー、パチパチ)
これからもヨロシクね、というか拍手&コメントプリーズ!!

罰は罰
ー目明かし編よりー

魅音 ひぐらし

「詩音にはケジメをつけてもらおうか。」

詩音

「・・・ケジメ?」

魅音 ひぐらし

「はい、ポッキー。
これ使い方わかる?」


ブタ

「んっふっふっふっふっふっふ。」

詩音

「わ、わかるわけないでしょ・・・」

魅音 ひぐらし

「じゃあ教えてあげる。
これはね二人の人達がポッキーの端をくわえて、
端から食べるという単純な事なの・・・
このブタと一緒にね!!


ブタ

「んっふっふっふっふっふっふ。
お手柔らかにお願いしますよ、園崎詩音さん。」


詩音

「嫌だ!!冗談でしょ?
私こんなのやりたくないよ!!」


魅音 ひぐらし

「詩音、あなたはポッキー三本分
このブタと食してもらいます。さっき言ったやり方でね・・・。」


詩音

(葛西とおじさんと
三本目は悟史君・・・?)


魅音 ひぐらし

「三本目はくまさん(ぬいぐるみ)の分。」

詩音

「あっるぇ~~???」

喋りすぎると墓穴を掘りやすい
ー目明かし編よりー

詩音

「私は悟史君の事が好き!!」

魅音 ひぐらし

「・・・」

詩音

「四六時中背後から観察したり、
入浴中に窓から様子を伺ったり、
好きな食べ物とか着ている服や下着を調べたり、
悟史君を隠し撮りしてお返しに私の写真を大量に送り付けたり、
顔を隠して夜道で抱き付いたり、
毎晩いろんな妄想をしちゃうくらい
悟史キュンが大好き!!


魅音 ひぐらし

「・・・そこまでハッキリ言われちゃあ、
庇い様がないよ・・・」


ブタ

「んっふっふっふっふっふ。
自白ご苦労様。」


詩音

「な!?ブタ?」

ブタ

「不法侵入罪等の罪により
逮捕させてもらいますよ。」


詩音

「え?ちょっと?
あ~・・・



何度でも言う。俺はオタクじゃないと
最近、姉(腐女)が俺のことをオタクだと言ってくる。
確かにアニメや漫画は好きだし、キャラの名前とか
そういういらない情報は覚えたりしてるが・・・
俺はオタクじゃない!!
声優の名前を覚えてるのだっていわゆる
芸能人の名前を覚えるのと一緒で普通のはずだ。
え?キャラブロをやってるからオタクだって?
これもいわゆる脚本家みたいなもんだ、
というわけでどこからどう見てもごく普通のことだと思う。
姉は昔から同人女みたいな人だが
だからといって、実の弟まで巻き込まないでほしいと心から願ったりしてみる。

あと気が付いたらカウンターが200超えてら。(ワー、パチパチ)
さらに一日で百人も来てるとは正直驚きだね。
まさかたったの一週間でこれとは・・・
一応感謝!!

黙っていられると怖く見える時がある
トミー

富竹フラッシュ!!
やあ、僕は富竹ジロウ。フリーのカメラマンをやっている。
主に自然の写真を撮っているんだ。」


レナ ひぐらし

「・・・。」

トミー

「え?主に自然の写真を撮ってるのに、
何で風呂場の窓からなんでカメラを
向けているかって?
いや~、アッハッハッハッハ。参ったね。」


レナ ひぐらし

「・・・。」

トミー

「ほら人間も自然の産物じゃないか。
だから女の子だって自然の一部!
僕は好奇心とかじゃなくて一写真家として
ちょっと勉強を・・・」


レナ ひぐらし

「・・・。」

トミー

「え?レナちゃん、その鉈は何かな?
ちょ、ごめんよ。もうしないから
今回は見逃してくれないかな?
テヘッ。」

(ぶりっ子ポーズ)

レナ ひぐらし

「・・・。」

トミー

「うわ~・・・」

自爆した~・・・
今日自分のブログ見に行って、カウンターどれぐらい
回ったかなー。と、期待してダウンロードを待っていたら
何とカウンターはぴったり100!!
・・・何か悲しい。
期待はしていなかったが誰か他の人が
100踏みましたよー!という報告を
少しは期待してたのに・・・
何かやるせないな、これ・・・

些細な事が惨劇を起こす
圭一

「ハハハ、それでさー・・・。」

悟史

「圭一って面白いねー。」

詩音

(悟史君ってば、せっかく帰ってきたのに全然かまってくれない・・・)

悟史

「そういえば今度の週末ヒマ?
一緒にどこかいかない?」


圭一

「お、いいぜ!
どこに行く?」


詩音

「きゃあ~!!
男同士でデートなんて不潔ですよ!!」


圭一

「なんでそうなる!!」

悟史

「そうだよ、詩音。
僕と圭一の関係を誤解しないでくれ。」


圭一

「そうそう。」

悟史

「僕達は友達以上、親友以上の関係なだけだ。」

詩音

「きゃあ~。
○モよ~!!」


圭一

「だから何でそういう方に
会話を持っていく!!」


詩音

「圭ちゃんのせいですね!
待っててね、悟史きゅん。
今、この魔女を成敗するから。」


圭一

「やめろ、詩音。
それに俺は男だからせめて魔法使いと呼んでくれ!!」


悟史

「詩音、圭一を痛めつけるのは僕が許さない!!
彼は僕にとって大切なヒトなんだ!」


圭一

「悟史!お前も誤解を招くような
言い方はやめてくれ~!!」



年下に負けるのはなんか恥ずかしい
ー皆殺し編よりー

梨花

「今の私には力がある。」

羽入

「で、でも梨花~・・・」

梨花 微笑

「じゃあ、試してみようか?」
(スタスタ・・・
ゲシッ、ゲシッ!!)


羽入

「梨花~。止めるのです。
バイクなんて蹴ったら怒られるのです~。」


ゆ

(ゆーまるじゃないよ、不良Aだよ。)
「おいおい、何してくれとんじゃ~。」

ゆ

(ゆーまるじゃないってば、不良Bだよ。)
「あ~。俺のバイクに傷つけやがったな~。」

ゆ

(だからゆーまるに見えるだけで不良Cだよ。)
「どう弁償する気だ~。」

梨花 ダーク

(ギロッ)

ゆ ・・・

「うっ、うわ~。
ごめんなさい~。」

羽入

「睨み付けただけで大の男(?)三人を・・・
これが梨花の新しい力・・・?」



度々ショボくてスミマセン・・・
思い付くと(以下略)


こんなひぐらしは嫌だ!
ー暇潰し編にてー

赤坂

「ふ~。ん?」

梨花 にぱー

(すやすや)

赤坂 笑

「かわいい。
・・・おもちかえりぃ~


羽入

「え?り、梨花~。待ってくださいなのです。
しっかりするのです~。」


梨花 微笑

「お持ち帰りされてもいい

羽入

「そ、そんな梨花~。」



短くてスミマセン。
とりあえずしょぼくても思い付いたネタは
のせたくなって・・・


想いはやがて塵と化した
ー元ネタはフルメタルパニック ふもっふ?です。ー

詩音

「お姉、圭ちゃんへのラブレターは出来ましたか?」

魅音

「う、うん。 詩音に言われた通りにちゃんと作ったよ。」

詩音

「上出来です。じゃあ、後は圭ちゃんが着き次第渡してくださいね。」

魅音 驚き

「え?て、手渡しで!?」

詩音

「あら、当然でしょ?手渡しなんてまだまだ序の口。
私が悟史君にアタックした時なんか・・・」


魅音 不敵

「私と詩音を一緒にしないでよ!」

詩音

「じゃあ、下駄箱にでも忍ばせてはいかがですか?」

魅音 笑

「そ、そだね。それがいいよ。
えっと圭ちゃんのはこれか・・・」


詩音

「お姉!圭ちゃん来ましたよ。」

魅音 驚き

「え!?と、とりあえず隠れないと!」

圭一

「フンフフ~ンフ~ン。
ん?」


魅音 どきっ

(圭ちゃんどんな反応するかな・・・)

詩音

「あれ、圭ちゃんなんで外にいくんだろ・・・?」

(その瞬間!!)

ドッカーン!!!!

下駄箱はおろかその周辺が吹っ飛んでしまった!!

圭一

「よし!」

詩音

「よし!じゃないでしょ!!
何で爆弾なんか使ったの!?」


圭一

「俺の上履きの上に不信物があったから・・・
爆破なら多少のトラップはもろともにせず確実に破壊できると聞いたからな。
ん?何だ、ただの紙だったのか。」


魅音 どきっ

「そんな・・・ヒドイよ圭ちゃん!」

詩音

「あっ待って、お姉!!」

圭一

「一体何だったんだ?」

梨花

「圭一。」

圭一

「うわっ、何だ梨花ちゃんか。」

梨花 にぱー

「早く手を打たないと確実に圭一は
今晩鬼隠しされるのです。にぱ~。」


圭一

「へ?だから何なんだ?」


レナ 笑

「大丈夫!圭一君はただ単に恋のライバルを
減らしてくれただけだから。」


圭一

「レ、レナ? み、皆の態度がいつもと違うような?
ひょっとして俺は何かとんでもない事をしでかしたのでは・・・」


・・・・・・体育館裏・・・・・・

魅音

「ひどいよ、爆破するなんて・・・。」

圭一

「悪い、魅音。」

魅音 驚き

「け、圭ちゃん?」

圭一

「あれ、オマエからの手紙だったんだな。
なんとか手紙を復元して読んだが
オマエの言いたい事はよーく分かったぜ!!」


魅音 どきっ

(ついに、圭ちゃんがあたしの想いを・・・?)

圭一

「圭ちゃんへ・・・
私は・・・圭ちゃん・・・伺って・・・心臓・・・
破裂・・・終止符・・・あなたに・・・ぶつけて・・・
体育館裏・・・覚悟してね。・・・魅音より・・・
これは果たし状と見た!!」


魅音 不敵

(あはは。何でそんな誤解を招くような部分しか残ってないのよ~。)

ーーーちなみに本当の手紙の内容には:

「圭ちゃんへ・・・
私はいつも圭ちゃんの様子を伺ってたけど、
それだけじゃ私の心臓は破裂しそうなだけ。
こんな状況に終止符を打つ為にこの想いをあなたに
ぶつけて伝えたいと思います。
今日の放課後、体育館裏で待ってます。
来なかったら覚悟してね。
魅音より」



己が無力を感じた瞬間
-ゴミ置き場にて-


レナ 笑

「圭一君!こっち、こっち!!」

圭一

「ったく、今日は一体何を見つけたんだ?」

レナ かぁいい

「ミッキー○ウス(の銅像)だよ、だよ。」

圭一

「まあ、○ッキーだろうがケンタさんだろうが俺に任せな!!
で、どこにあるんだ?」


レナ

「ちょっと待っててね。・・・・・・(パチンッ!!)
ミ○キー!!!!!!


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!

圭一

(レナが指を鳴らした瞬間、ゴミの山が急に大きく揺れ出したと思えばその下からとてつもなく巨大なミッキ○が姿を現した!そして腹の辺りが見え始めたところで急にとまってしまった。)
「レ、レナ・・・?」

レナ 笑

「はぅ~、かぁいいよ~。でね、ここまではなんとか出来たけどひっかかっちゃたみたいでレナ一人じゃ無理みたいなの。圭一君手伝ってくれるかな、かな?」

圭一

(俺に一体どうしろと!!?)

初めてのブログデビュー
えーと、とりあえずひぐらしのなく頃に中心でキャラブロをやっていきたいなー。というカンジのブログ。
主に姉に提供したが採用してくれなかったネタをキャラブロで載せたいなーという空しいブログですがなるべく見捨てないで...
まーとにかくヨロシクゥ!!

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。