スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


S・A(スペシャル・エー)ならぬS・L(スぺシャルチーム・フォア・ルルーシュ)の戦いを描いたがルミナスアーク2っていいよねと思ってたりすごく思っていたり
ルルーシュ
「やれやれ、また期末試験か・・・
あんなの簡単すぎてつまらないな。
そうだ!みんなに提案があるんだが。」


ミレイ 猫
「なぁに、ルルーシュ?」

ルルーシュ3
「少しゲームをしないか?
何、今度の試験を少しスリリングにする為だ。」


シャーリー5
「駄目よ、不謹慎だよルル!」

ミレイ
「まぁまぁ、話ぐらい聞こうじゃないの。」

ルルーシュ3
「ルールはシンプルですよ。
試験で一番の成績を取った者は敗者に
一つだけ何でも命令できる、というものですよ。」


スザク3シャーリー5ミレイ 猫リヴァル
「乗った!!」

ルルーシュ4
「え?ああ、そう。」
(思ったより、食いつきがいいな・・・)


スザク制服
「じゃあ、楽しみにしてるよ。」
(勝ってもルルーシュに命令・・・
負けてもルルーシュが命令・・・どっちに転がっても良いじゃないか!)


シャーリー3
「勝ったらルルと・・・」

ミレイ 猫
「ふっふっふ♪面白くなってきたぞ。
よし、会長命令で生徒会はどんな手を使ってでも勝利を狙うべし!」


リヴァル
「俺が勝ったら会長やルルーシュに・・・」

かれん
「これだからブリタニアは・・・」

ニーナ
「え?それって私も参加するの?」

ロロ
「兄さんは僕が!!」

ジノ
「ナハハハ!面白いな、庶民の学校は。」

アーニャ
「ルルーシュ、ウェディングドレス着て・・・」

ルルーシュ2
「だぁあああ!これはコードギアス(第一期)
の時代だからお前らR2組は出てくるな!」


アーニャ
「そっちの方が面白いのに・・・」

ルルーシュ2
「そういう問題じゃない!設定の問題だ!!」



翌日・・・

ルルーシュ3
「さて、皆の様子でも伺うか。」

(ガチャッ)

ルルーシュ3
「やあ調子はどう・・・うっ?」

スザク3
「ルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュルルーシュ・・・」

シャーリー5
「ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル、ルル・・・」

リヴァル
「とりあえずこの辺はテストに出そうだな・・・
カンニングリストに追加しないと・・・」


ミレイ
「生徒会長の意地を見せてあげるわよ~♪
どんな手を使ってもね・・・」


カレン8
「全くこれだからブリタニアは・・・」

ルルーシュ5
しまった・・・こいつらを甘く見ていた!
ここの管理人の趣向は俺!総受け!
そんな中であの条件はこいつらにとって又とないチャンス・・・
もし俺が有り得ないがこいつらより成績が下ならヤバイ!
どうヤバイのかヤバ過ぎて説明するのがヤバイくらいヤバイ!
こうなったら俺が勝つ為に真剣に分析しないと・・・)


ニーナ
「あの、私は参加しないから・・・」

ルルーシュ
(よし、とりあえず敵は減った!あとニーナの出番も減った!
後は・・・)


スザク制服
「え?軍の仕事?そんなのサボりに決まってるでしょ?」

ルルーシュ
(スザクはとりあえず体力馬鹿だから常識で測れなくても
俺に知略で勝ることはリヴァルがコーネリアと付き合うぐらい
有り得ない!)


リヴァル
「あれ、誰かに馬鹿にされたような・・・」

ルルーシュ
(リヴァル・・・問題外だ。せいぜいカンニングとかが限界だろう。
勘とセンスが重要な数学系で必ず大きい差が出るだろう・・・)


ミレイ 猫
「うふふふ♪テストの問題を事前に見せてもらおうかな~♪」

ルルーシュ
(会長も無茶苦茶で計算外のことをする事もあるが
俺に頭脳でかなう相手ではないだろう。)


シャーリー3
「私が勝ったらルルとキス・・・
いやそれはやり過ぎか。となると私の彼氏・・・」


ルルーシュ
(シャーリーは基本的に体育会系だから勉強は本気の俺には敵わないだろう。
というか、そもそも勉強に集中してないし・・・)


カレン8
「言っとくけど勝負事だから頑張ってるわけであって
ルルーシュ目当てとかじゃないから!
そもそも学生が試験の為に勉強するのって当たり前でしょ!
あ、でも私病弱で勉強する暇がないから
皆そんなに頑張らなくて良いよ?コホッコホッ。」


ルルーシュ
(カレン・・・この中で恐らく一番俺に勝てる可能性のある人物・・・
何より、病弱をアピールして他人を油断させようとしている辺り・・・
かなり本気だ、といっても黒の騎士団で色んな仕事を与えれば
自ずと勉強できる時間は造作も無く減らせる。
・・・クックックッ、アッハッハッハ!
勝てる!勝てるじゃないか!!)




・・・テスト当日

ルルーシュ2
「な、何だコレは!?」
(テスト用紙の様々な所にナナリーの写真が高画質で印刷されてる!?)


ミレイ 猫
「フッフッフ。対ルルーシュ対策♪」

ルルーシュ5
(甘く見てた・・・まさか会長がナナリーで
俺に揺さぶりを掛けてくるとは・・・卑怯な!!)


スザク8
「僕は正々堂々とテストに臨むよ。
間違ったやり方で手に入れた結果に意味はないから。」


ルルーシュ8
(誰もお前の意見を求めていない!)



・・・そして結果発表の日

シャーリー5
「全科目の合計がたった5問間違いか・・・カレンやるわね・・・」

ミレイ
「結構いい調子だと思ったんだけどな~。」

カレン10
「うん、なかなか忙しくて時間取れなかったけど頑張ったの・・・」

リヴァル
「・・・・・・俺がドベか。」

スザク制服
「今回はルルーシュを譲るけど、
間違って彼を汚したら許さないから。」


ルルーシュ3
「ちょっと待って下さいよ、何で俺が負けたみたいになってるんですか?」

スザク制服
「ルルーシュ?」

ミレイ 猫
「え?ま、まさか私の仕掛けた罠をもってしても・・・」

ルルーシュ
「ありがとうございます、会長。
おかげさまで全科目満点です。」


スザク6
「良かった、ルルーシュが他の人に奪われなくて本当に良かった・・・」

ルルーシュ2
「ば、馬鹿!何泣いてるんだ。」

リヴァル
「そこは泣くところじゃなくて悲しむべきじゃないの~?」

シャーリー5
「ルルにだったら何を命令されてもいいよ・・・」

カレン7
「言っとくけど貴方なんかに服従する気はないから。」
(私が従うのはゼロだけ・・・でも少しぐらいならいいかな?)


ルルーシュ10
「ハッハッハ、俺の勝ちだ!!」

ナナリー4
「それはどうでしょう、お兄様。」

シャーリー4
「ナナちゃん?」

ルルーシュ3
「ナナリ~

ナナリー5
「先生に間違いを指摘したら5点追加してもらいました。
これで満点プラス5で私の勝ちですね。
これでも準生徒会メンバーですから私は駄目ということではないですよね?」


ルルーシュ3
「もっちろんだよナナリー

nanaly
「ではお兄様命令です。私がスザクさんと二人っきりで話す時に
スザクさんを睨んだり、その後でスザクさんに執拗に嫌がらせをするのを止めて下さい。」


ルルーシュ5
「へ?」

ナナリー5
「スザクさん、命令です。明日私と買い物に付き合ってくれませんか?」

スザク8
「イエス、ヨアハイネス。」

ルルーシュ8
「ウザ♪ウザ♪ウザク、貴様ァ!!」

スポンサーサイト
気づかぬ間にテレビに出てても嬉しさより恥ずかしさ。
『突撃!学校にインタビュー!!』

ルルーシュ3
「ん?こんな番組あったか?」

『最近の学校はどうやらありきたりの事ばかりで
生徒も学ぶ物が限られてます。
この番組はその現状に立ち向かう一人の教師の密着取材!』


ルルーシュ
「フッ、別に学ぶも何も学校での授業など簡単だしな。
まあ、最近は忙しすぎて休みがちだが
この学校より充実してる所などなかなか無い。
チャンネル変えよ・・・」


『教える科目は何と、国語でも数学でもなく
腐女学!!』


ルルーシュ4
(ん?・・・最近どこかで聞いた様な言葉が飛び出たような・・・?)

『そして教師の名前はC.C.!!』

ルルーシュ4
「え?」

c.c.7
『よろしく。』

ルルーシュ8
「えぇーーー!!?」

エリアBL第八話「ぼくとわたしの腐女学」

ルルーシュ5
「こんなの取材して何処が面白いんだ?
というかこんな目立つ事しといて皇帝に知られたらどうするんだ?」


『C.C.さんの朝は居候させてもらってるお宅から始まります。』

ルルーシュ4
「ん?この家・・・まさか、いくらなんでも・・・」

c.c.8
『ん・・・ふわぁ~・・・・・・よく寝た・・・』

ルルーシュ
『うるさいぞ、俺は疲れてるんだ。』

ルルーシュ 9
ぐほぉぉぉ!!やっぱり俺のベッドに寝てる!!くそぉっ!」

『C.C.さんは居候先の人と同じ一つのベッドの上で一晩過ごした後・・・』

ルルーシュ5
「おい、夕方に放送するならもう少しマシな言葉を並べろ!!」

『そして朝ご飯はC.C.さん手作りの様子。
さらには量からして居候させてもらってる方々の分も作った様子。』


c.c.8
『朝ご飯はいつも昨晩のうちに作っといて
朝になってから暖めるんですよ。』


ルルーシュ8
「いや、違うから!作ったの俺だから!!
ていうか真っ先に温めるのって昨晩残ったピザ!?」


『そして学校に向かいましたC.C.さん。』

シャーリー
『先生、お早うございまーす。』

カレン10
『お早うございます、先生。』

c.c.9
『お早う。』

『生徒からの人気もかなりのようです。』

ルルーシュ5
「何だ?皆こいつを受け入れているのか?」

リヴァル
『おっす。』

C.C.4
『・・・生意気。』

リヴァル
(ガシッ)
『え?』

(ズルズルズルズル)
(バキ!ドカ!ドコ!ボコ!)
(ぎゃああああぁぁ!!)


『先生はとても生徒に対して優しく、
生徒もそれに応えるかのように品行方正になっていくのです。』


ルルーシュ5
「やさしく?思いっきり生徒殴ってましたよ!?
これじゃあ品行方正どころか反感買いますよ!?」


c.c.8
『はいはーい、号令!』

シャーリー3
『攻め!!』

カレン5
『受け!!』


(ガタタッ)

ルルーシュ 9
(え・・・今の何?)

c.c.7
『今日は最初の頃に教えた基本についての復習だ。』

ルルーシュ5
「こんなのに基本なんかあるのか・・・?
というより最初の頃って、こいつ長期に渡って教えてる?」


c.c.7
『ルルーシュ・ランペルージはっ!』

カレン5シャーリー3リヴァルニーナ
『総受け!総受け!総受け!!』

ルルーシュ3
(洗脳されてる!!)

c.c.9
『そこのお前、ルルーシュについて言ってみろ。』

カレン8
『はい!ブリタニアの少年、ルルーシュは二つ萌え要素がありまして、
一つはツンデレ。普段は冷たいがここぞって言うときに
見せる赤面や照れは他の人々を狼にさせる。
二つ目は総受け。彼はどんなに試行錯誤し、自分のペースに
持って行っても最後には受けに回ってしまう。
その二つの要素により彼は幾度も様々な人間に押し倒されてしまい、
男だろうが女だろうがギアス界のカップリングの
基本となる人物です。そもそも彼の凄い所が
その貧弱な萌え体質を補う饒舌なトークで
例え最初ルルーシュに気が無くても後々気になってしまう存在です。
さらにカップリングの基本では今まではルル×スザクでしたが
R2になりルル×ロロという兄弟でいっちゃう
人達が多くなり・・・』


c.c.7
『そこまで!』

ルルーシュ5
(答え長ぇっ!!
何でそんなに雑学のようなものを覚えているんだ!

というかカレンがまさかそういう趣味が・・・
これもやはりあの女の影響か、となるとカレンだけでなく
シャーリーも・・・もしやナナリーにまで!?
それにルルーシュって・・・・・・俺のことか?)


c.c.7
『いい答えだが、ルル×スザクでなくスザク×ルルだ。
そういうカップリングの場合は先に出した名前が攻めだと
言ったろう。ルル×ロロもだ。
ルルーシュのような超奥手の坊やは一生受けだ。』


ルルーシュ2
(どうでも言い事だろ、それ!でも腹立つな!!)

カレン 6
『言っとくけど、これは授業なんだから先生の教えたことを
勉強しただけであってルルーシュには興味ないから。』


c.c.8
『それをツンデレと言う。』

『先生の授業は分かりやすく、生徒達も楽しんでいて
どうやら生徒達はここでの授業をとても愛し、
とてもよく学んでいるようです。』


ルルーシュ2
「学ぶって、こんなどうでもいい事学んでどうするんだ!!」

c.c.7
『この授業は様々な視点で物事で見ることにより
生徒達の分析力や判断力ならびに妄想力を伸ばします。』


ルルーシュ5
「もっともらしい事を言ってるが・・・妄想力?」

『ですが、そんなC.C.先生にも生徒について悩みがありました。』

C.C.6
『ええ、たった一人私の授業に全く出席しない生徒がいるんです。』

ルルーシュ4
「そりゃ、こんなの普通なら馬鹿馬鹿しくて参加しないだろ・・・
ってたった一人だけ?結構支持あるの、そんな授業!?
・・・・・・というより、たった一人って・・・?・・・まさか。」


『そう、不登校がちなL君です。』

ルルーシュ2
『何をピザばっかり食べているこの腐女!!
いい加減、俺を漫画のキャラに使うのをやめろピザ女!』


ルルーシュ8
「やっぱり、俺だ!くそ~~~!!」

c.c.9
『折角私がお前のために個人レッスンを開いているというのに・・・
もう少し真面目にしないか!』


ルルーシュ
『なめるな、貴様程度に習うものなど何一つ無い!』

C.C.4
『私はお前の将来を思って・・・』

ルルーシュ2
『二度とその下らない話題を俺に振るな!!』
(スタスタ・・・)

C.C.5
(ガクッ)
『うっうっ・・・・・・』

ルルーシュ5
何だ、この罪悪感・・・明らかにからかわれてる筈なのに
俺が悪者みたいに報道されてる・・・)


『先生の好意を全く無視して去っていくLンペルージ君。』

ルルーシュ8
「って、今L君じゃなくてLンペルージ君って言ったよね!?
ほとんど名字だしてるじゃん!偽名だけど!!」


C.C.6
『私の言葉はルルーシュ君には届かないのか・・・』

ルルーシュ5
「何か良いこと言ってるみたいだけど出しちゃってるからね、名前!
そこはピー音とかで伏せるべきでしょ!?ディレクター!!」


ディートハルト
↑ディレクター

『そしてC.C.先生は迷った挙句、
ルルーシュ君を放課後に呼び出して説得を試みました。』


ルルーシュ5
「放課後?あいつと学校でそんなのあったけ?
あと俺の名前伏せる気ないでしょ、この番組。」


(ガラッ)

c.c.7
『来たか、ルルーシュ君。』

koutei
『うむ。』
(キラーン☆)


ルルーシュ2
「って、おぉーーーい!!!!それルルーシュ君じゃないから!
ルルーシュ《父》だから!!っていうか
何、呑気に皇帝と面会してるんだあの女!!
それ以前に皇帝ともあろう者がこんなテレビ番組に出ていいのか!!?」


c.c.9
『お前は私の授業が嫌いなのだろう?でも分かってくれ、
私はルルーシュ君のためになると確信しているから教えているんだ。』


koutei
『うむ。すいませんでした。』
(キラーン☆)


ルルーシュ8
「説教短すぎだろ!!あと(キラーン☆)って何だ?
俺のフリするにしても、俺は一度もやった事無いからそんなの!!」


『こうしてC.C.先生は学園に革命をもたらし去っていくのでした・・・』

ルルーシュ5
「え、去ったの?」

c.c.7
『やっぱり、カレンはツンデレだな。』

監督/脚本 C.C.
ディレクター/カメラ ディートハルト
出演 C.C.
    皇帝
    他

ルルーシュ4
「・・・・・・・・・・俺は他か。」

(ウィーン)
ナナリー5
「お兄様の勇姿はちゃんとビデオに納めましたから(笑)」

ルルーシュ 9
(・・・・・・ナナリー(泣))

人は熱中すると類友を探す
エリアBL第七話「結成・エリアBL」

c.c.7
「ちょっと私はピザを取りに行くからそのパソコンには触れるなよ。」

ルルーシュ5
(触れるなよって・・・それ、俺のパソコンなんだけど。
っていうか一体パソコンで何やってるんだ?)


“エリアBLチャット会”

ルルーシュ2
「な、何だコレは!!?」

c.c.7
ハンドルネーム:C2

ミレイ 猫
ハンドルネーム:会長

セシル
ハンドルネーム:ロイド

ルルーシュ4
「・・・何の集まりだコレは?
あんな腐女(C.C.)とつるむ奴がいるとは・・・
というより専門用語が多すぎて理解できん・・・
イベント?ゲームの話か・・・攻め、受け・・・
やっぱりゲームの話なのか・・・?」


ミレイ
『じゃあ、久しぶりにゲテモノ混ぜますか。』

セシル
『ゲテモノというとリヴァル×ルルーシュですね。』

ルルーシュ4
「・・・・・・?・・・・・・
・・・何で俺とリヴァルノ名前が!?
ってこの“×”ってどういう意味だ?」


C.C.4
「やれやれ、見てしまったか。」

ルルーシュ2
「C.C.!!一体なんだこれは!!?」

c.c.9
「私の所属する同人サークル『エリアBL』の
今度開催されるイベントに向けての
同人誌作成のためによるチャットだ。何か問題でも?」


ルルーシュ5
「そんなことはどうでもいい!!
何で俺の名前が!?」


c.c.8
「別に名前ぐらい借りていいだろ?
それにたかだかアマチュアの同人誌・・・
読者もフィクションだと分かるさ。」


ルルーシュ4
「まあ、名前ぐらいなら・・・」

c.c.1
『エリアBLの看板キャラ=ルルーシュ・ランペルージ
ブリタニアの少年、ルルーシュは二つ萌え要素があった。
一つはツンデレ。普段は冷たいがここぞって言うときに
見せる赤面や照れは他の登場人物を狼にさせる。
二つ目は総受け。彼はどんなに試行錯誤し、自分のペースに
持って行っても最後には受けに回ってしまう。
その二つの要素により彼は幾度も様々な人間に押し倒され・・・』


ルルーシュ2
「何だ!コレは!!」

c.c.8
「うるさいな。人が折角説明してやってるのに。」

ルルーシュ8
「何で名前と外見が俺とそっくりのキャラを使ってるんだ!っていうか意外と、絵上手だな。」

c.c.7
「心配するな。こんなのを読む人間の数なんて
たかが知れてる。」


ルルーシュ5
「ま、まあどうせこんなの売れるわけないしな・・・」

c.c.8
「前回はイベント開始からわずか15分で完売したからな・・・
今度は10倍ぐらいに増やさないと・・・」


ルルーシュ5
「は?前回?わずか15分?10倍ぃぃぃ!?」

すでに四月なのに今更バレンタインネタで ギアスキャラ大量発生なのに設定がメチャメチャで 茶村のあ、伊藤アッシュさん、ついでに他の4月26日生まれの人達にハッピーバースデー
―これはゆーまるが本当は2月14日用の筈なのに忙しいし長そうだからという理由で
お蔵入りになっていたネタである。

ルルーシュ2
「タイトル長っ!!」

ゆ ・・・
「おいおい、折角テロップ入れたのに突っ込みどころ違うんじゃありません~?」

ルルーシュ5
「というか今更バレンタインネタか・・・時期が違うんじゃないか?」

ゆ
「こういうのはやれるうちにやっとかないとね。」

スザク制服
「僕は嬉しいよ。ルルーシュと愛を語れるから。」

ロロ
「そうはさせないよ。兄さんは僕のものだ!」

スザク制服
「残念だけど、R2ネタはここの管理人がまだ見てないからしないよ。」

ロロ
「そ、そんな・・・!!」

c.c.7
「ちなみに今回は本人曰くかなり長いネタだから時間のある人または
グダグダな内容でも読んでくれる人にお勧めです。」


ルルーシュ
「設定とか結構パラレル的な作品だな。
なんせ、クロヴィスとシンクーさんが競演してるし・・・」


ゆ
「一応これは茶村のあさんと伊藤アッシュさんの誕生日祝いって事で
時期外れとか気にせず続き↓をどうぞ。」

久しぶりなので軽くジャブのような短い話
c.c.2
「ルンルンル~ン♪」

ルルーシュ5
「・・・全く貴様はピザを食うか俺にチョッカイ出すか
・・・・・・変な絵を描くばかりだな・・・」


c.c.2
「趣味だからな。」

ルルーシュ2
「・・・いい加減俺の絵を描くのを止めろ!
というよりその手の表現もしくは展開をするな!」


c.c.2
「趣味だからな。」

ルルーシュ4
・・・ルルーシュ総受け・・・!もしかしてお前俺に気があるのか?」


c.c.2



ルルーシュ
(冗談のつもりだったが意外と効いてる?
主導権を握るチャンスは今しかない!)
「フッ、これだからお前の様な女は・・・」


C.C.4
「別にいいんだぞ。私がお前に好意を持っても。」

ルルーシュ2
「・・・ほぁ??」

C.C.4
「恥ずかしがるな、とりあえず抱きしめてやろう。」

ルルーシュ2
「な、な、な!!ッッッ!!!!
やめろ!近寄るな!!」


c.c.2
「フッ、冗談だ。私が貴様相手に本気にするわけないだろう。
顔が赤くなってるぞ、坊や。」


ルルーシュ5
「き、貴様~!!」

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。